ここはこのページの先頭です
お問い合わせ:0898-23-0634

医療法人聖ルカ会 木原病院

診療・入院のご案内

禁煙治療

専門医のサポートで禁煙をはじめてみませんか?

 

禁煙治療の流れと費用

1

まず、喫煙に関する簡単な問診を行い、健康保険等で治療が受けられるかを確認します。

 

2

次に、あなたの息に一酸化炭素がどれくらい含まれているか、確認します。

 

3

医師と相談し、禁煙開始日を決定し、禁煙宣言書にサインします。

 

4

禁煙補助薬を医師に処方してもらいます。

※現在、ニコチンを含まない飲み薬とニコチンを含んだ皮膚に貼る薬があります。
 

5

禁煙開始日から2、4、8、12週間後に診察を受け、禁煙状況や呼気中の一酸化炭素濃度を測定し、医師のアドバイスを受け、禁煙治療を12週間まで継続します。

 

6

費用は健康保険診療の場合、禁煙治療完了までの12週間、飲む薬を使用した患者さんの自己負担額(3割負担として)は、およそ19,000円程度かかります。(病院でおよそ6,000円、調剤薬局で およそ13,000円です。)

※貼る薬を使用した場合は、およそ13,000円程度かかります。(病院でおよそ6,000円、調剤薬局で およそ7,000円です。)
 

問診その1

ニコチン依存度のテスト:TDS(The Tobacco Dependence Screener)

 質問は「自分が吸うつもりよりもずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。」「禁煙や本数を減らそうと試みてできなかったことがありましたか。」など全部で10項目で、はい、いいえで応えていただきます。その結果でニコチン依存度が高いか低いかを判定します。

問診その2

ブリンクマン指数:BL(Brinkman Index)

 喫煙が人体に与える影響は、それまに吸い込んだタバコの煙の総量と密接に関係すると言われていることから、1日の喫煙本数×喫煙年数で表し、400以上になると肺ガンが発生しやすいと言われています。

呼気中 一酸化炭素濃度測定

 一酸化炭素の体内への取り込み状況を示す検査で、測定当日の喫煙状況を反映します。この一酸化炭素はニコチンと一緒に動脈硬化を促進させ、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因になります。また、酸素の運搬を妨害するため、持久力や作業効率が低下します。

投薬

飲む薬

 ニコチンを含まない飲み薬は、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くするほか、タバコをおいしいと感じにくくします。作用は、脳内のα4β2ニコチン受容体にニコチンの代わりに結合して刺激作用と拮抗作用を示します。刺激作用により禁煙に伴う離脱症状やタバコへの切望感を軽減します。また、拮抗作用により服用中に喫煙するとα4β2ニコチン受容体にニコチンが結合するのを阻害して喫煙から得られる満足感を抑制します。通常、服用期間は12週間です。

皮膚に貼る薬

 禁煙中、タバコの代わりにニコチンを補給することでイライラなどのニコチン切れ症状を軽くします。
 皮膚から徐々にニコチンを吸収させて、禁煙時に生じるタバコを吸いたいという欲求、いらいら感、集中力低下などの症状をやわらげ、無理なく禁煙に導きます。通常、8週間使用します。

お問い合わせ:0898-23-0634
 
医療法人聖ルカ会 木原病院
〒794-0026 今治市別宮町3-7-8
TEL:0898-23-0634 / FAX:0898-32-3762